怒れ!憤れ! − ステファン・エセルの遺言 −

担当:デザイン(ポスター/チラシ/チケット/劇場パンフレット他)


ロゴはゲバ字をベースに組み立て、劇場パンフではステンシル版にスプレーしたものを使用。

劇中写真を全面に使いたかったため、B5横サイズにし力強く見応えのある構成に。


チラシ:HSハミング

劇場パンフレット:上質紙


93歳の元レジスタンスの闘士〈ステファン・エセル〉が、怒ることの大切さを語りかけた、わずか32ページのパンフレットが、欧米の若者の心を動かし、全世界30カ国語に翻訳される大ベストセラーとなった。

エセルが訴えたのは非暴力のパワー。

2013年2月27日に死去したエセルのその遺言というべき書、「怒れ!憤れ!」をフランスの鬼才トニー・ガトリフ監督(『ガッジョ・ディーロ』『僕のスウィング』『愛より強い旅』)が映像化。