甲野善紀身体操作術

担当:デザイン(チラシ、ポスター、チケット、パンフレット、DVD)


すべては身体に通じ、身体から日常が変わる

人は生きている限り身体のどこかを動かしている。そして身体の動きの大半は、意識せずしての動作である。この映画は意識していない身体の動かし方、あるいは意識していても固定概念に捕われた身体の動かし方をしている私たちに、身体操作術をもってして眠っていた"可能性"を呼び起こそうとする甲野善紀を追ったドキュメンタリーである。

養老孟司氏が「強さや技術はもちろんだが、その立ち居振舞いの美しさに目を奪われた」と賛美した甲野善紀の追求する身体操作術。桑田真澄投手に指導をし、宇宙飛行士の野口聡一氏に宇宙での体の使い方を教え、桐朋高校バスケットボール部をインターハイに導くなど様々な人、分野に応用されている。また身体のプロフェッショナルに限らず、楽器演奏、舞踏、介護や日常生活の動作にも応用されている。